映画や漫画のレビューサイトってどうやって作ればいい?

By admin

2018年12月17日

レビューサイトがうまくいけば業界人になれるかも

世の中にあるウェブサイトはいろいろなテーマで運営されていますが、その中にレビューサイトと呼ばれるものがあります。たとえば、映画を見て、その感想だけを綴っていくサイト、あるいは読んだ漫画の感想だけを書いていくサイトなどです。レビューが人々に受け入れられてアクセス数が増えると、影響力を持ち始めます。たとえば、映画のレビューサイトを運営している人に対して、試写会に来て感想を書いてもらえないかという打診が配給会社から届き、無料で映画を見られるようになるといったことです。また、出版社から記事を書いてほしいという依頼を受けることもあります。

漫画や映画が好きな人にとって、好きなことを仕事にできるかもしれないということで、レビューサイトの運営はかなり魅力的なものといえるでしょう。

ブログをベースに動画共有サービスを活用する

では、レビューサイトを制作するにはどうすればいいのでしょうか。まず、基本的にはブログをベースに作るのがやりやすいでしょう。そして、ネットショップでアフィリエイト用のIDを取得しておくといいです。そうすれば、ショップが提供するDVDのパッケージ画像や漫画の表紙画像を特に許可なくサイトに載せられるようになるからです。

また、映画のレビューサイトを作るのであれば、動画共有サイトを活用しましょう。近年、動画共有サイトには映画の配給会社が公式に予告編をアップロードすることが多いです。予告編動画は、動画共有サービスによって提供されるURLをコピーアンドペーストすることによって、ブログ上でも閲覧できるようになります。

コーディングとは、HTMLやCSSといったマークアップ言語を用いてWebページを制作していくことです。凝ったサイトを作るためには、JavaScriptなどの知識も必要になります。